Top >> 飛距離アップ >> ゴルフスイング 飛距離アップ

ゴルフスイング 飛距離アップ

谷将貴のゴルフ非常事態宣言


ゴルフスイングでの飛距離アップテクニックです。

このドライバー編では、谷氏でなく池野谷氏が解説してくれます。


ドライバーで飛ばすための3つのポイントを解説してくれます。
 

1. ボールを飛ばすための最適な角度

2. ボールの回転数

3. ヘッドスピード (打ったボールの初速を上げる)
 

156neu56ne.jpg


当然ながら、スイングをしてボールを打つ時には飛距離が出やすい角度というものがあります。


次に、ボールの回転数についてです。

ボールの回転数が少ない場合には 「キャリー」 と言いボールが失速してしまいます。

逆にボールの回転数が多い場合には、上に吹き上がりますので、上には上がりますが飛距離が出ません。


最後に、スイング時のクラブのヘッドスピードとなります。

この 「ゴルフスイング 飛距離アップ」 編では、このヘッドスピードを上げる方法の解説がメインとなります。


野球で例えるならば、いきなり野球の初心者が150キロの球を投げたい!

というような無謀なことでなく、現状で一番ヘッドスピードが上がる体の使い方を教えてくれます。


ゴルフスイングがきちんとできている場合に、ヘッドスピードを上げるには体の使い方の技術アップや基礎筋力、下半身の強化が必要になってきますからね。


この飛距離アップ編で少し残念な点は、初心者さんには最初の説明部分が少し難しい内容でした。しかし、後半からは分かりやすいと思いました。

この飛距離アップ編で参考になった点は、腕の力よりも下半身の力の方が強い。ということで、下半身の使い方がとても参考になります。

DVDの中では、ゴルフの練習器具が出てきます。

この補助器具があれば効果も期待できそうだと思いました。


谷将貴のゴルフ非常事態宣言で出てくるゴルフの補助器具はコチラの記事でまとめています。
 

24b5yn4u4w.jpg


谷将貴のゴルフ非常事態宣言谷将貴のゴルフ非常事態宣言

 

コメントする

(お気軽にコメントして下さい☆丁寧にお答えします。コメントは承認されるまでは表示れませんが今しばらくお待ち下さい。)

飛距離アップ

関連エントリー

ゴルフスイング 飛距離アップの練習
ゴルフスイングの飛距離アップ
ゴルフスイング 飛距離アップ


プロフィール
ゴルフ上達のナビゲーター
ゴルフ抜刀斎(ゴルフばっとうさい)
連絡先は → こちらのフォームから
お気軽にご相談ください ^^

   

記事総数: 61
コメント総数: 0
ゴルフお天気情報

サイト内検索

当サイト内の記事を検索が出来ます。

リアルマネー麻雀
ブログパーツ





あわせて読みたい